HOME >> 引越しとダンボール >> 持つところのあるダンボール

持つところのあるダンボール

ダンボールと言うものの形を思い浮かべると、それらはきっと四角い形をした上下の開くタイプの箱と言うものになるのではないかと思われます。

そうして考えていくと、手を引っ掛けて持つ所なども無いように思えますが、ダンボール全てにそう言うものが無いわけではありません。

場合によっては側面などに手をかけられる穴と言うものが空いていて、それらのお陰で随分と楽に荷物を運ぶことが出来ると言う事もあるのです。

そうして考えるとだいぶ便利なものに感じられるのではないでしょうか?

ダンボールひとつ、それに空いているたかが穴と言うもので、そこまで運搬のしやすさが変わるものなのかとも思うかもしれませんが、実際それらの変化と言うものは大きいものであったりもするようです。

特に引越しなどを含め、そういった大きい荷物、重い荷物などを運搬していくのには必要なものだと思いますし、そう言うものを運ぶ時に手を引っ掛ける場所があったほうが良いと思うものであれば、ダンボール選びの際に注意しましょう。

もしも持つところ何かが無い場合には、それらを改善するために自ら穴などを開けていく事により手などを引っ掛ける事が出来ると思いますから、そう言う方法をお勧めしたいと思います。

引越業界のダンボールパッケージへようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。