HOME >> 引越しとダンボール >> 箱作りを丁寧に

箱作りを丁寧に

引越しに使うダンボールというのは最初から皆さんの知っているような箱の形が出来上がっている物ばかりではなく、畳まれているものを自分で組み立てて荷物を詰め込み利用するという事になる人も居ると思いますので、その時注意するべきことを忘れないようにしておく事が必要になると思います。

箱作りというのは案外重要な物で、いざ荷物を入れた時にちゃんと底が止まっていなかったりすると、それによって上手く物が運べなかったりもするでしょう。

実際ダンボールというのは上下が開くタイプの物ですから、下をしっかりと組み立てテープなどで止めてから、荷物を詰め込んでいきそして最終的には上部分にもテープをして傾いたりなどしても蓋が開かないようにする事が必要になると思うのです。

荷物というのは場合によっては結構な重量の物もある事でしょう。

ですから、あまり疎かにダンボールの組み立てをしていると、何かの弾みでダンボールが開いてしまい怪我を招くことだってあると思うのです。

ですから充分な注意が必要になりますので、皆さんももし畳まれているダンボールを組み立てていかなければならない場合には、しっかりとした組み立てをしていきましょう。

せっかく新居に引っ越すことになったというのに、その前に怪我をしていては大変です。

引越業界のダンボールパッケージへようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。