HOME >> 引越しとダンボール >> 荷造りをするのにコツがあるのか

荷造りをするのにコツがあるのか

よく物を片付けるのが上手い人とそうでは無い人とで別れたりすると思いますが、荷造りもその一つだと考えても良いでしょう。

引越しで次の新しい家へと持っていく事が決まった荷物たちをどうにかしてダンボールにつめる必要があるわけですが、その荷物をつめるのにコツがあるのです。

結局ダンボールに入れてしまえば全て同じではないか?と思う人も居るかもしれませんが、そのダンボールへの詰め方によって、余分なダンボールは増えなくて住むと思いますし、無駄な隙間が出来ない事で中身が雪崩れたりという事も防ぐことが出来るので、上手い荷造りの仕方は覚えておくと良いでしょう。

何より大事なのは、重くなり過ぎて運ぶのに不便なことが起こらないようにしましょう、まず大事なことはそこからです。

詰めるものの重さを考え量を決めていき、その量に合わせたダンボールのサイズを見つけることが上手い荷造りのコツの一つになるのではないでしょうか。

結果それが出来たのであれば、あとは上手く荷物を詰めていく事になるのですが、出来るだけ隙間を作るのはやめましょう。

もしも小物などが多くどうしても隙間などが出来てしまうという人は、ダンボールシートやビニール袋を使って工夫すると良いのではないでしょうか。

割れ物などの場合は新聞紙を利用しても良いでしょう。

中身が崩れてしまうと、いくら丁寧に荷物を運んだといっても、それで中身が破損してしまう場合もありますので充分にご注意ください。

引越業界のダンボールパッケージへようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。