HOME >> 引越しとダンボール >> ダンボールのサイズを有効活用

ダンボールのサイズを有効活用

ダンボールのサイズというのはもちろん様々な物があると思いますが、引越しなんかではよく大きいダンボールなどを使うことになりますよね。

ですが中に入れるものによっては、大きいがゆえに変に隙間が出来てしまったりという事もあるでしょう。

そういった不便な事がある場合にはどうしたら良いのか、そういったサイズのダンボールを有効活用する方法というのが無いのか?と思う人も居ると思うので、そういった物を使った荷造りのコツというのを覚えていただきたいと思います。

もしも中身があまり崩れて欲しくない場合などには、ダンボールシートという物を利用すると良いでしょう。

そのシートを使うことで仕切りをつけて、中の物が崩れたり斜めになったりしないようにするのです。

割れ物なんかにもよく使えると思うので、上手く利用してみてください。

ちなみに細かいものが多く、ただ箱にごちゃごちゃ入れるようになりそうな物何かは、ビニール袋なども利用して、その袋の中にまとめておくと無くなる心配もなくて良いのではないでしょうか。

荷物は大きいものばかりではありません、そういった細かいものは小さい箱に入れたり袋に入れたりしてから改めて大きいダンボールなどに入れるようにしてみましょう。

案外後から見つからない、無くしたなどという事になってしまいがちですから、そういった対処を取る事も大切です。

引越業界のダンボールパッケージへようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。