HOME >> 引越しとダンボール >> ダンボールの形へのこだわり

ダンボールの形へのこだわり

ダンボールと聞いて思い浮かべる形というのは、基本的にみかん箱のような上下が開くスタイルのものであり、そして蓋をする場合には羽のような部分を中に畳んで入れるイメージがあるでしょう。

こういった形へのこだわりがあるのかどうか、ただ偶然そういう形になったのではないかと思う人も居るかもしれませんが、あの箱の形というのは案外上部なもので、ただ上に蓋をするだけになると箱を重ねた時に重さに耐え切れずに歪んだりしてしまいがちな所を、ああやって羽を重ねて畳むことで少し丈夫になったりもするのだと思います。

もちろん厚さの問題もありますから、形へのこだわりの他にモダンボールの良さというのはあるとは思いますが、様々な物を見ていくと、箱には色んな形があるので、どうしてその形なのかを考えて上手く利用していくと、引越しなどで使う箱の選び方が変わってくるのではないでしょうか?

流石にそう脆いものは使わないかもしれませんが、利用する物をどうせ選ぶのであれば上手く選べるようになると良いでしょう。

形などを意識してみる事で、その箱の工夫が一つ一つ分かってくるはずです。

それが上手く利用できるようになると、引越しなども関係なく様々な所に応用できるようになるのではないでしょうか。

引越業界のダンボールパッケージへようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。