HOME >> 引越しとダンボール >> 新居で役立つダンボール二次利用

新居で役立つダンボール二次利用

引っ越しの荷解きが終わったら、全てのダンボールをリサイクルに出すのも良いですが、せっかくですから綺麗な状態の物を幾つか取っておいて、収納ボックスに活用してみませんか?ダンボール箱をそのまま使うのでは味気ないですし、せっかくの真新しい新居の雰囲気が台無しになってしまいますから、包装紙やマスキングテープなどを外側に貼ってみましょう。

また、彫刻刀などを使ってダンボールの表ライナーと呼ばれる表面の紙を削ると、中芯の凹凸が表れますよね?これを利用して、模様や絵柄を彫ってみるのも素敵です。

それから、ダンボール箱の側面をお好きな形にくり抜き、そこへ透明のフィルムを内側から貼ると、中に何が入っているのか一目で分かる覗き窓が出来上がります。

物作りが好きな方であれば、これを読んだだけで創作意欲が高まってくるのではないでしょうか?お子さんがいらっしゃるご家庭なら、休日に親子で作ってみるのも良い思い出になりますね。

さらに、犬や猫を飼っていらっしゃるご家庭の場合には、ダンボール箱でペット専用のベッドを作ってあげては如何でしょうか?「ダンボールをベッドにするなんて!」とびっくりされる方もいらっしゃると思いますが、保温性に優れたダンボールは特に子犬や子猫には最適な素材なのです。

ダンボールの底には、さらに要らないダンボールを幾つか重ねて下さい。

柔らかくなって寝心地が良くなるのはもちろん、保温性がさらにアップしますよ。

子猫や子犬の場合には、さらにペット用ヒーター、あるいはタオルで巻いて適温にしたカイロや湯たんぽ(お湯の温度はお風呂よりも少し熱い程度)を底に置いてあげましょう。

なお、動物の中でも猫は特にダンボール箱を好む習性があります。

これは、狭い所に入ると安心するという習性があるためです。

その習性を利用し、ダンボール製のキャットタワーを作ってみるのは如何でしょうか?底を抜いたり窓をくり抜いたりした箱を積み重ねていくだけで、お手軽に出来上がります。

ダンボールなら壊されたり汚されたりしても気になりませんし、いつでも好きなように作り変える事が出来るので、便利ですね。

引越業界のダンボールパッケージへようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。