HOME >> 引越しとダンボール >> 使い終わったダンボールは?

使い終わったダンボールは?

引っ越しの荷解きが終わった後は、ダンボールを正しく処理しましょう。

ダンボールは100%リサイクルに活用出来る優秀な素材であり、再び新しいダンボールとして生まれ変わります。

しかし、残念ながら正しい方法で処理されていないがために、リサイクルに上手く活かせないダンボールがあるのも事実です。

ダンボールがスムーズにリサイクルされるためには、表面に貼ってあるガムテープや送り状、シールなどの類を全て剥がしておかなければならない他、ホッチキスで封が閉じてある場合には、それも取り除いておく必要があります。

なお、引っ越しに用いられるダンボールには、シンプルなみかん箱タイプだけでなく、ハンガーボックスやパソコンボックス、内部に仕切りのあるダンボール箱、その他特定の物を入れるために作られた箱、ダンボールシートなど様々な種類がありますが、紙のダンボールであれば全てリサイクルの対象となります。

これらについても同様に、ダンボール以外の素材で出来ているパーツを全て取り除いて処理して下さい。

但し、特殊な加工が施してある一部のダンボールについてはリサイクルが出来ない場合もありますので、購入先のお店でよく確認するか、引っ越し先の自治体に問い合わせるなどしましょう。

新居での新しい生活がスタートしたばかりで落ち着かない状況である上に、ようやく引っ越しにおける一連の作業が完了したところですから、ダンボールのリサイクルなど考えている余裕はないかもしれません。

しかし、ダンボールを正しく処理して指定場所に出す事はご近所さんとの良い関係を保っていく上で大切な事ですし、あなたが手にしているダンボールが巡り巡ってまた違う形で再び自分の元に戻ってきてくれるかもしれないと考えると、ちょっとわくわくしてきませんか?ダンボールの処理は、あなただけの問題ではないのです。

引っ越し先でのダンボール回収場所や、回収日について予め調べておく事も忘れてはいけませんね。

引越業界のダンボールパッケージへようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。