HOME >> 引越しとダンボール >> 荷物を積むコツ

荷物を積むコツ

引っ越しの荷造りや荷解きをしている間は、大量にあるダンボール箱を積んで保管する事になると思います。

皆さんは、ダンボールを積んでいる時、上の方に積んである荷物が落下してきたり、下に置いてある箱が潰れてしまったりといった経験はありませんか?荷物を積むという作業は単純で誰にでも出来るようでいて、実は意外と難しく、奥が深いものなのです。

箱が少し破損する程度で済むなら良いですが、中に入っている大切な家財道具にまで影響が及んだり、人が怪我をしたりするような事態になっては元も子もありません。

そこで、ここではダンボール箱を上手に積む方法についてご紹介していきたいと思います。

まず「重い物が入っているダンボール箱が下に、軽い物が入っているダンボール箱が上になるようにして積む」というのは基本中の基本ですが、きちんと出来ていますか?重い物を小さいダンボール箱に入れ、軽い物を大きいダンボール箱に入れるのが荷造りの基本ですから、積む時には小さくて重い箱を最初にたくさん床へ並べていかなければならず、少し面倒に感じてしまうかもしれません。

しかし、だからと言って大きいダンボール箱を下にすると、下の箱が潰れてしまうだけでなく、上の方にある重い荷物が落下してきた場合に大変危険です。

それに、積む時も上に軽い荷物を積んでいく方が、結果的には楽と言えます。

また、引っ越しの時に用いるダンボール箱はサイズも形も様々になりますが、これらのダンボールを積む時、奥の壁にくっ付けるようにして積んでいませんか?この方法だと、高さが上になるにつれて面積が少なくなり、箱が少ししか詰めなくなってしまいます。

そこで、お勧めなのが「面揃え」と呼ばれる方法です。

これは、奥の壁側ではなく、表側のダンボールの面を揃えるというもので、最もたくさんの数の箱を安定して積み上げる事が出来るだけでなく、上の方の荷物の落下を防ぐ事も出来るので、安全に作業が進められます。

引越業界のダンボールパッケージへようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。