HOME >> 引越しとダンボール >> 重い荷物を運ぶコツ

重い荷物を運ぶコツ

引っ越しの時、重たい荷物が入ったダンボール箱を運ぼうと持ち上げた瞬間、腰を痛めてしまった経験はありませんか?長い人生の中において引っ越しは重要なセレモニーです。

こんな時に腰を痛めて病院へ担ぎ込まれるような惨めな思いはしたくありませんよね?戦力が1人減っては家族も困りますし、それより何より、腰を1度痛めると長引く上に再発もし易く、後に響くものなのです。

腰を痛めずに重たいダンボール箱を運ぶためには、どのようにすれば良いのでしょうか?早速見ていく事にしましょう。

まず、引っ越しの作業を開始する前に、軽く体を解しておきます。

簡単なストレッチやラジオ体操で十分なので、作業を共にする家族全員で実践して下さい。

団結力や士気を高める事にも繋がり、その後の作業効率がアップする効果もあります。

重たい荷物が入ったダンボール箱を持ち上げるためには、自分の体の重心が何処にあるのかを意識する事が重要になります。

両腕の間にその重心が位置するよう心掛けながら、ダンボール箱を掴んで下さい。

そして、腕の力だけで荷物を持とうとするのではなく、腰を入れて持ち上げる事が重要です。

腰を入れるというのは、しっかりと腰を据えて体全体で重さを受け止めるという意味であり、これが正しく行なえるようになればぎっくり腰だけでなく腕の筋肉痛を予防する効果まで期待出来ます。

ところで、床にある荷物を持ち上げようとする時、足をあまり広げず腰を屈めた状態で荷物に手を掛ける方がいらっしゃいますが、これは誤りです。

正しいのは、足を大きく広げて膝を曲げた状態で荷物に手を掛ける方法であり、力士が四股を踏む時の体勢をイメージすると分かり易いかもしれません。

但し、1人で持つのがあまりにも大変な場合には、無理せず2人で運ぶ事も大切です。

2人で荷物を持って階段を上り下りする時、どちらが重いかでしばしば問題になりませんか?結論から言うと、どちらも同じ位重いというのが正解です。

と言うのも、下にいる人は重量が直接掛かるため腕への負担が大きくなり、上にいる人は高さを微調節するために腰への負担が大きくなるためです。

2人で荷物を運ぶ際には、腕力のある人が下を担当される事をお勧めいたします。

引越業界のダンボールパッケージへようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。