HOME >> 引越しとダンボール >> 色々なダンボールの形(3)

色々なダンボールの形(3)

引っ越しの際には、衝撃に弱いデジタル機器も運ばなければなりません。

しかし、どのように梱包すればダメージを与えずに済むのか、お悩みの方も多いのではないでしょうか。

そのような皆さんにお勧めなのが「クッションボックス」と呼ばれるアイテムです。

これは、文字通り空気を入れて膨らませるタイプのクッションが内蔵されているダンボール箱で、ノートPCやゲーム機本体、オーディオ機器、DVDプレーヤーなどを収めるのに適しています。

サイズも大きい物から小さな物まで揃っていますから、デジタルカメラや携帯オーディオプレーヤーなどをコンパクトに梱包する事も可能です。

また、デスクトップパソコンを梱包するためのダンボールパッケージとしては「パソコン用ダンボール」があり、パソコンのメーカーを問わず使用出来るのが魅力です。

それから、書類や本などを梱包して新居に運んだら、そのままクローゼットなどにしまいっ放しにする方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、普通のダンボール箱に入れたままでは洒落っ気がないですし、もし来客に見られでもしたら恥ずかしいものですよね。

そんなお悩みを持つ方にお勧めなのが「プラスチックダンボール」です。

これは、私達がよく知っている紙製のダンボールとは違い、ダンボール状に加工したプラスチックによって出来ている箱です。

カラーバリエーションが様々でお部屋の雰囲気によって選ぶ事が出来るため、並べて置いておくだけでもスタイリッシュにまとまります。

一般的なみかん箱タイプだけでなく、積み重ねて収納が出来る「コンテナ型」や、同じコンテナ型でも使わない時には折り畳んで収納が可能な「折りたたみコンテナ型」といった形状があり、省スペース化に貢献してくれます。

プラスチックダンボールは、紙製のダンボールと違って水気や湿気、温度などを気にしなくて済みますし、破損の心配もありません。

汚れたらジャブジャブと水洗いも出来ますから、オフィスや書斎にはもちろん、子供部屋の収納にも役立ちますね。

引越業界のダンボールパッケージへようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。