HOME >> 引越しとダンボール >> 色々なダンボールの形(1)

色々なダンボールの形(1)

ダンボールには色々な形の箱がある事にお気付きでしょうか?例えば、私達が「ダンボール箱」と聞いた時に真っ先に浮かんでくる、上下を閉じてガムテープで留めるタイプの箱は「みかん箱タイプ」と言われるものです。

専門的には「A型タイプ」の呼び名でも知られており、多種多様の大きさや形があって誰でも簡単に組み立てられるというのが広く出回っている理由と言えるでしょう。

価格が安く、中に入れる物を問わないのも大きな魅力です。

ガムテープを使わなければならない点や、ガムテープを剥がした時に跡が残ってしまう点が難点と言えるかもしれませんが、透明テープを使って開封する時はテープを剥がさずカッターナイフで切るようにすると綺麗な状態が保てます。

それから、引っ越しの際にポスターや賞状、子供が描いた絵などをくるくると丸めた状態で運搬する事があると思います。

みかん箱タイプのダンボールに立てて運搬する方法もありますが、ちょっとした衝撃で倒れたり破損したりする可能性がある他、揺れや風で箱から飛び出てしまう事がないとも限りませんから、心許ないですよね。

そんな時に役立つのが「筒型タイプ」もしくは「丸め込み式」のダンボールです。

このうち「筒型タイプ」のダンボールについては、学校の卒業証書を入れる茶筒状の物をイメージすれば分かり易いと思います。

紙を丸めて筒の中に入れたら、後は蓋をスポンと被せるだけで梱包が出来る箱です。

新居に着いたら、そのまま保管用としても使えて重宝しそうですね。

一方「丸め込み式」のダンボールについては、紙と一緒に巻いていくタイプの物で、シート状になっています。

閉じる時はサイドのフラップを織り込む仕組みになっているので、テープを使う必要がなく、中身を傷める心配もありません。

これらは、紙を丸めた状態で積んでも紙が潰れる事なく運ぶための物で、場所を取らずに輸送出来るのも大きなメリットです。

紙の他にも、先端が尖った棒状の物にも使われ、そのままだと危険で他の荷物を傷付ける恐れもある物を安全に輸送出来るという点で定評があります。

引越業界のダンボールパッケージへようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。