HOME >> 引越しとダンボール >> 上手に荷詰めをするコツ

上手に荷詰めをするコツ

さまざまな素材のパッケージを利用して、なるべく手間を減らして引越の荷詰めをしていくことはもちろんですが、それ以外にもダンボールに上手に荷詰めをするコツをマスターすれば、大切な荷物を守ることができますし、また、効率よく荷造りを行っていくためにも、どのようにダンボールに荷物を詰めると上手に荷物を入れることができるのかということを知っておくと良いでしょう。

まず、引越をする際には、引越する日が決まっているのですから荷物をどんどんと詰めていったほうが良いのですが、毎日使っているものを詰めてしまうと不便ですから、日ごろあまり使わないものから荷詰めしていくようにしましょう。

荷造りしたダンボールを運ぶことを考えて、重い荷物は小さなダンボールに入れるなど、ダンボールが運べないほど重くなることは避ける必要があります。

お皿などは重ねて詰め込んでしまいがちですが、割れ物は縦にしてしまうほうが割れる可能性が低くなります。

荷詰めのコツはたくさんありますが、後で何が入っているかわからなくならないように、ダンボールの外側には中に入っているものを明記しておきましょう。

割れ物なども注意することができます。

引越業界のダンボールパッケージへようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。