HOME >> 引越し業界の梱包技術 >> 荷造りのコツ

荷造りのコツ

img009

梱包用にダンボールを用意しても、大きなダンボールにこまごまとしたものを詰め込むのは難しいものです。

箱ではないですが、たとえばスーパーなどで買い物をした後に、買ったものをスーパーの袋に入れる時には、重いモノは安定するように横にして入れたり、潰れてほしくないものや軽いものは後から上のほうに入れたり、と中に入れるものの性質や材質を見て、どうやって入れたら良いか考えますよね。

箱は、基本的に箱そのものが中身の形状に左右されることなく、一定の形をキープしてくれるので安心してしまいがちですが、やはり中に入れるモノの性質や材質を見て判断し、上手に入れることが重要になります。

モノを仕舞うには、コツというものがあり、そのコツを掴めば、キレイにダンボール箱に荷物を入れることができます。

引越しの荷物の場合には、一般的な片付けや収納とは違い、その荷物を移動するのですから、どんなに丁寧に、細心の注意を払って運ぶとしても、やはり衝撃が加わる可能性がゼロではないのですから、キッチリと荷造りするようにしましょう。

引越業界のダンボールパッケージへようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。