HOME >> 引越し業界の梱包技術 >> 大切なものを守る

大切なものを守る

img012

気に入った食器や鏡、照明機器など、割れ物を購入した時には、購入したショップで緩衝材に包んでくれたり、壊れないように工夫して包装してくれたりします。

もちろん、購入してから自宅に持ち帰るまで、自分でも割れないように細心の注意を払って持ち帰るでしょう。

割れ物を注意して扱うのは当たり前ですが、引越しをする際には、このように壊れやすいものもすべて引越し先まで運ばなくてはなりません。

もちろん、自分の持ち物の中で大切なもの、と言っても割れ物ではないケースはあるでしょうが、自分が大切にしているものが引越しの最中に壊れてしまってはショックですよね。

引越し業者はプロなので、もちろん荷物の運搬には大変気を使ってくれますが、やはりモノというのは、いつかは壊れたりするものですし、そのような可能性がゼロとは言えないでしょう。

引越し業者では、そのような際のために、きちんと保険をかけていますが、保険で保障してくれれば壊れても良いわけではありません。

パッケージングの技術は、大切なものをちゃんと守るために存在しますので、どんどん活用しましょう。

引越業界のダンボールパッケージへようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。