HOME >> 引越し業界の梱包技術 >> エアーキャップとミラーマット

エアーキャップとミラーマット

img007

引越し業者のくれるダンボールはとても丈夫なものではありますが、当然ですが食器などを緩衝材などに包まないでダンボールにただ詰め込むだけでは、移動中にぶつかりあったりして割れるということが起こりえます。

そうならないためにも、梱包材として、ダンボールにモノを入れる際にもさらにひと工夫が必要です。

昔から、家にあるもので簡単に利用できる緩衝材として新聞紙を使うことがよくありますが、引越しという大きな移動を伴う作業を行う時には、新聞紙だけでは少々不安に感じる人もいるかもしれません。

そのような場合には、エアーキャップやミラーマットを利用すると良いでしょう。

エアーキャップというと、聞き慣れない言葉だと思う人もいるかもしれませんが、プチプチ、と言えばみなさんわかるのではないでしょうか。

ミラーマットのほうも、聞き慣れない言葉かもしれませんが、食器などを購入すると食器を包んでくれる、白い布のような薄いスチロールのようなモノ、と言えばわかるでしょうか。

どちらも緩衝材として一般に広く利用され、大きなモノから小さなモノまで、守って運ぶのに最適です。

引越業界のダンボールパッケージへようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。